給湯器交換が多い季節

シャワーを浴びている時に、急にお湯がでなくなって、冷たい水をかぶってしまったら、とても困ります。特に、真冬の寒い時期に、水道管の中で冷えている水を急に浴びたら、と考えるだけで、寒くなって風邪をひいてしまいそうです。真冬に冷水のシャワーを浴びるなんて、滅多にないこと、と思っている人が多いかもしれませんが、水温が低くなり、お湯にするために給湯器のパワーが必要になる冬は、一年の中でも給湯器が故障することが多い季節で、給湯器交換の工事も多くなる季節です。真冬に急に給湯器が壊れてしまうことは、良くあるので、工事を申し込んでも、大変込み合っていて予約がとれない、ということも良くあることです。

寒い冬に、すぐに給湯器交換をしたいのに、何日も、時には1週間以上先でないと、業者が来ることができないと考えると、とても気が重くなります。給湯器の寿命は、10年から15年と言われているので、10年を過ぎる給湯器を使っている場合は、点検を受けたり、壊れてしまう前に給湯器交換をすることがおすすめです。10年ほどたった給湯器は、お湯の温度が安定しなかったり、煙や変なニオイがしたりすることがあり、劣化のサインですので給湯器交換の時期に入っています。変な音がしたり、水漏れを発見したときなども、内部で部品が故障していたり、基盤が劣化しているサインかもしれません。

まだ大丈夫と思っていると、突然故障することになりますので、気をつけてください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*