給湯器交換をするタイミング

給湯器が古くなってきて、変な音やにおいがしたり、お湯の温度が一定せずに、ぬるくなったり熱くなったりすることはありませんか。なんだか変だな、と思うようなことがあったら、給湯器交換のタイミングかもしれません。給湯器は、10年を過ぎると、交換の目安と言われています。家族構成や使用頻度によって違いますが、10年ほど使うと、一般的に、内部の基盤や熱交換機などが劣化し、不具合が出始めると言われています。

給湯器交換のタイミングの目安は、10年と思っておくとよいでしょう。また、10年にならなくても、変な音やにおいがする時には、内部で不完全燃焼を起こす可能性があるので、早めに給湯器交換を検討することをおすすめします。お湯の温度が一定しなくて、突然水に変わったり、お湯が出てきたりするときにも、内部で正常に燃焼しなくなっている可能性が高いので、交換することがおすすめです。修理か交換かで迷っている場合には、耐用年数の10年に近い場合には交換をおすすめします。

2~3年ほどしか使っていない場合には、修理をして使うことができる場合が多いのですが、耐用年数の10年に近かったり、10年を過ぎている場合は、寿命がきているので、修理をしても、また不具合を起こして修理が必要になる可能性が高いのです。給湯器の修理は、決して安くないので、何度も修理を繰り返すなら、思い切って交換する方がコスト的にお得になることが考えられます。燃焼効率も良くなるので、光熱費の節約にもつながります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*