給湯器交換をした方が良い場合

給湯器は、生活の中でとても大切な設備で、お風呂に入ることはもちろん、家事や手洗い、洗顔など、毎日何度も使うので、故障してしまうと、生活がとても大変になり、困ってしまいます。給湯器の不具合は、分かりにくいことが多いので、故障の前に少しの不具合が出ていても気がつかないことが多く、たいていの場合、突然壊れてしまったと思いがちです。しかし、給湯器の耐用年数は、10年から15年と言われており、10年を超えて使っている給湯器にトラブルが起こることが多いので、10年たったら給湯器交換を考えることがおすすめです。家族構成や使用頻度によって、交換時期は変わりますが、交換の目安は10年です。

壊れてしまう前には、不調の症状が出ることがあるので、サインを見逃さずに給湯器交換をしておくと、急にお湯がでなくなって、水のシャワーを浴びることになるなどを防ぐことができるので、日ごろから給湯器の状態をチェックしておくことが大切です。給湯器交換をした方が良いサインは、お湯の温度が一定せずにぬるくなったり熱くなったりする場合や、給湯器を使うと変なにおいや音がする場合、煙が出たり、水漏れがする場合などです。いつもと違う様子を発見したり、お湯が同じ温度ででなくなってきた場合には、まだ使えていたとしても、どこかに劣化や不具合が隠れています。そのまま使い続けると、危険だったり、急に動かなくなって困ってしまったりすることになるので、信頼できる業者に依頼し給湯器交換を検討した方が良いでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*