給湯器交換と故障の時の対処

給湯器から急にお湯がでなくなったり、水もお湯もでなくなったりすると、生活する上で大変困ります。給湯器の寿命は、10年から15年というのが一般的で、10年を経過した給湯器を使っている場合には、給湯器交換をすることがおすすめです。10年を経過している場合のトラブルは、給湯器交換をする必要があることが多い、ということを踏まえた上で、急にお湯がでなくなった時の対処法を試してみると良いでしょう。以外と短銃なことが原因で、急にお湯を作ることができなくなっていた、ということも良くあります。

リセットボタンがある場合には、リセットボタンを押してみましょう。給湯器が振動を感知したり、温度の急な上昇を感知したりした時に、機能がストップすることがあります。焦ったけれどもリセットボタンを押したら直った、ということは意外と良くあります。また、ブレーカーが落ちていたり、電源が切れたままになっていたというのも良くあります。

排気の菅にごみが詰まっていることで、給湯器が異常を感知して止まってしまうこともあるので、ゴミが詰まっていないかチェックしてみると良いでしょう。自分で解決できるトラブルの場合もあるので、まずは、リセットボタンを押してみたり、電源を確認してみたりすることがおすすめです。10年を経過している、給湯器を使っているなら、応急処置をして動作が回復しても、劣化など、給湯器交換の時期が迫っていることが多いので、信頼できる業者に相談してみることがおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*