豊田市のトイレづまりはラバーカップで解決

豊田市の2021年1月1日時点の推計人口は422、046人、人口密度は1キロ平方メートル当たり460人です。豊田市に隣接する自治体の一つでもある岡崎市は、人口約約386、000の市で人口密度は1キロ平方メートル当たり995人です。この2つを比較してもわかるように、豊田市は面積は広いけれども密度が低め、その理由の中には人が住むことができない山林地帯を多く含めた市だからです。道路環境が発達しているなどからも、山奥の集落でも不便さは以前よりも感じないといった人が多いようですが、トイレづまりなどが生じた際にそれが緊急性が高い症状では困ってしまうケースもないとはいい切れません。

トイレづまりが起きる原因の多くは、トイレの老朽化によるもので狭い排水路内にヘドロ状の汚物がこびりついて流れを悪くさせていることが挙げられます。排水パイプなどを洗浄する薬品がありますが、この薬品はパイプに流し入れた後は一昼夜水を流せない状態になりますし、便器の底部分には常に水が溜まっていますしトイレづまりで流れない状況下では使用することはできません。スッポンの愛称で呼ばれることもあるラバーカップは、狭い排水路に水圧を与えながら内部を洗浄できる便利な道具です。先端はゴム製のお椀のような形をしている、それを便器の底に押し付けてから柄を引っ張ると水圧が与えられトイレづまりの解消ができることもあるので、事前に準備しておくと安心です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*