雨漏りにかかる修理費用

雨漏りする箇所があるのに、修理費用がかかりそうだか面倒といった理由でそのままにしていませんか。雨漏りを放置していると、木造部分が腐って傷んだり、湿った場所にシロアリが集まったりといった被害が発生する可能性があります。また湿ったところはカビが発生しやすく、カビの種類によっては住人の健康に被害が出ることも考えられます。雨漏りを見つけたら速やかに修理するべきです。

早い段階での修理ですと、修理費用も抑えられます。ブルーシートを屋根にかぶせたり、シリコンで屋根の穴など漏れる個所を補修したり、自力で対応することもできなくはないですが、これらはあくまで応急処置です。雨漏り修理は専門の業者に頼み、しっかり漏れる古書を修理するほうがよいでしょう。修理費用は、雨漏りの箇所や範囲、修理方法などによって大きく変わります。

外側の雨水が侵入する箇所のみの修理でいいのか、内側の構造部や内装まで修繕するのか、どこまで希望するかにより変わります。屋根の頂上部の金属板、漆喰の剥がれ、スレートや瓦の割れやひびなど、屋根のどこかに傷みがあって雨水が漏れる場合、だいたい30万以上かかるところが多いでしょう。経年劣化で、複数個所から雨が漏れる場合、総張替えとなるため100万からというのが相場です。安くはない費用が掛かりますので、修理を依頼する際は必ず複数の業者から見積もりを取り、内容を確認しましょう。

他と比べて異様に安い金額を提示したり、内訳をしっかり書いていない業者は要注意です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*