有料老人ホームでの介護士と看護師の連携する必要性

病院やクリニックでは看護師と医師や薬剤師などとの連携が大切になりますが、有料老人ホームなどの介護施設では介護業務を中心として行っていて、そこに必要がある方は医療措置をしていくので、介護士と看護師の連携やお互いにサポートすることが重要なポイントになります。

看護師の施設勤務での業務内容は入居者の健康管理と介護士では出来ない医療行為、外部医師との連携です。



介護士は身体介護や生活介護をするのが仕事で、有料老人ホームなどで生活している入居者の生活や状態をよく把握しているのは介護士で、夜勤も介護士が行っていることがほとんどです。
そこで毎日の申し送りはもちろん必要ですし、入居者に異変があれば介護士もその都度看護師に報告したり確認してもらうことも、連携がきちんと取れていればスムーズに出来ますし、医行為ではない行為を看護師から介護士へ指導してもらうことで、介護の質も上がります。
看護師にしか出来ない仕事、介護士にしか出来ない仕事があるので、お互いに尊敬の気持ちを持って接していくのが良いでしょう。



その為にも看護師と介護士のコミュニケーション、入居者との人間関係作りが大切です。
看護師の中には有料老人ホームなどの施設勤務が向かない人もいて、病院勤務が長くてプライドが高いとか介護士から指示されるのが嫌という方は、職員同士のコミュニケーションも難しい場合が多いです。



そこは最終的に看護師自身の問題なので、自分に向いているかどうか不安がある場合は、転職サイトに相談するとか事前に施設に見学に行ってみることをおすすめします。